さくさくの日常

美容、健康、美味しいもの、ヨガ、etc…東京在住アラフィフ主婦さくさくの日々の出来事を記録しています

【香川 讃岐うどん旅2】骨付鳥一鶴~香川県高松市

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは、さくさくです。

昨年末に遊びに行った香川県の美味しかったもの、その2です。

 (その1香川のあんもち雑煮編はこちら

 

2018年12月28日夕方、羽田→徳島のJAL便で四国入り。

徳島からはレンタカーで高松に向かって駅前のホテルに宿泊しました。

その日の夜は一鶴で讃岐名物骨付鳥を満喫したのですが写真撮り忘れたので(汗)HPだけ貼っておきます。

f:id:sakusaku-happy:20190123190141p:plain

 ↑この画像、ポスターになって店舗にも貼ってありました。

年末寒波襲来で厳寒の中、外で並んでいる時に目に入って思わずクスリ。

 

高松には骨付鳥を食べさせてくれるお店が何軒もあって、その中でも一番の有名店が一鶴です。

香川県には何度もうどんツアーで来ていて、高松の一鶴にも来たことがありますが、GWやSWはいつもすごい行列で、諦めて撤退したこともしばしば。

お腹いっぱい食べてさっくり飲んで二人で4000円くらい、安くて美味しいから大人気なのもわかるんですけどね。

f:id:sakusaku-happy:20190123192401p:plain

一鶴の骨付鳥はおやどりひなどりの2種類あります。

ひなどりはジューシーで柔らかくて子供から大人までみんな大好きな感じの食感です。

手に持ってガブリといくザ・鶏の骨付きもも肉という感じの味。

おやどりは、何となくイメージする通り少し固いので、食べやすく包丁で切り目を入れて持ってきてくれます。

確かに少し固い、というか全体にしっかりした食感ですが、ひなどりのあっさりした味に比べて旨味がより感じられる気がします。

なので私はおやどりの方が好きです。

(余談ですが注文した後に「あんた前回もおやどりだったよね」と家人に言われたので、本当におやどりが好きなようです)

ナイフはないので紙ナプキンを骨に巻いて手掴みでガブリと齧り付くと、スパイスの香りとバリッとした皮の食感、ジューシーな肉汁が渾然一体となって、この上ない幸せを味わえます。

ビールの最高の友ですね☆

おやどり、ひなどり、どっちを注文してもキャベツがついてきます。

これを鶏の脂に浸しながら食べると口直しになって更に美味しさ倍増。

 

あと、〆に絶対注文したいのがとりめしです。

これは↑の写真にあるように、鶏の炊き込みご飯に錦糸卵がのったもの。

お椀でスープも付いてきますが、個人的にはこれをとりめしにぶっかけるのがオススメ。

鹿児島に行くと食べられる鶏飯みたいな感じでサラサラといただけて最高です。

もし観光や出張で高松に行くことがあったら、讃岐うどんだけでなく骨付鳥もぜひチェックしてみてくださいね~。