さくさくの日常

健康オタクが乳がんで乳房全摘しました 現在は治療終了 それでも元気でいたいから健康ネタと楽しいこといろいろ

うどん県はうどんのみにあらず!高松の夜は骨付鳥一鶴へ【香川 讃岐うどん旅1】

あとで読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは、さくさくです。

昨年末、香川県に遊びに行きました。

年末寒波襲来で激寒の旅行でしたが、美味しいものを食べて観光してとても楽しめたので、順を追ってレポします。

うどん県の隠れ?名物 骨付鳥

うどん県の隠れ?名物 骨付鳥

f:id:sakusaku-happy:20190603210032j:image
c OpenStreetMap contributors

香川 讃岐うどん旅 別の記事はこちらから。

讃岐うどん旅スタート

2018年12月28日夕方、羽田→徳島のJAL便で四国入りしました。

徳島でレンタカーを借りて、高速道路でうどん県へ。

宿泊は高松駅前のビジネスホテルです。

チェックインして荷物を置いたら、いざ高松の街へ出陣。

 

うどん県の美味しいもの

うどん県で美味しいものと言って一番に上がるのは、もちろん讃岐うどんです。

では、その次は?

・瀬戸内海で捕れたての新鮮な魚

・オリーブ牛、オリーブ夢豚(オリーブ採油後の果実を飼料に混ぜて肥育)

・オリーブはまち(オリーブの葉の粉末を餌に添加して養殖)

この他、香川県は農業が盛んなので野菜や果物も美味しいです。

いちごの香川県独自品種さぬき姫は、すっきりした甘さで、私が今まで食べたいちごの中で一番好きな品種です。

 

高松の夜は骨付鳥

美味しいものはたくさんありますが、うどんに次ぐご当地メニューと言えば骨付鳥。

高松の街には骨付鳥を食べさせてくれるお店がたくさん並んでいます。

そして高松の夜は骨付鳥がおすすめです。

その理由は…

 

有名店のうどん屋さんは閉店が早い

うどん県に来ると、うどん屋さんの多さに驚きます。

さすが、うどん県✨

高松は県庁所在地なので、もちろん夜も営業しているうどん屋さんはあります。

しかし讃岐うどん巡りでイメージする安くて美味しいお店、ガイドブックに紹介されていて県外客がわざわざ訪れるお店は閉店が早いです。

15時閉店とか、玉切れ次第閉店とか。

逆に朝は7時頃から営業しているお店も多いです。

せっかく高松に泊まるなら、うどん屋さんで朝食はいかがでしょう。

うどん県民気分が味わえるかもしれません。

 

骨付鳥はビールと最高の相性

骨付鳥は鶏の骨付きもも肉をオーブンや窯で丸ごと焼いたもの。

ニンニク風味のスパイスが利いて、皮はパリッとしています。

大胆にかぶりつくと口の周りが脂でギトギトになります。

これがビールと最高の相性です。

「今日もいい一日だった」と心の底から思えるくらい幸せを感じさせてくれます。

 

骨付鳥はリーズナブル

旅先では支出が多いので、お財布の中身も気になります。

骨付鳥のお店はお値段がリーズナブルなのもいいところ。

夫婦二人で行って、お腹いっぱい食べて飲んで4000円くらいです。

いつも若い人や学生さんでいっぱいなのもよくわかります。

 

骨付鳥一鶴

高松に骨付鳥のお店はたくさんありますが、いつも一番行列ができているのが一鶴(いっかく)です。

GWやSWは列も長くて、諦めて撤退したことも何度かあります。

f:id:sakusaku-happy:20190123190141p:plain
骨付鳥一鶴より

  ↑この画像、ポスターになって店舗にも貼ってありました。

年末寒波襲来で厳寒の中、外で並んでいる時に目に入って思わずクスリ。

 

1953年骨付鳥を考案

一鶴が一番の有名店なのは、骨付鳥を考案したお店だから。

1953年に洋画で、女優が骨付きもも肉にかぶりつくシーンから閃いたそうです。

戦後復興の進む中「皆んなに豪勢で美味しいものを味わってほしい」という店主さんの優しい願いがあったのでしょうね。

 

おやどり・ひなどり

一鶴だけでなく、骨付鳥を食べさせてくれるお店はどこでもおやどりひなどり(お店によってはわかどり)の2種類あります。 

 

f:id:sakusaku-happy:20190123192401p:plain
骨付鳥一鶴より

骨付鳥初めてならひなどりがおすすめ

ひなどりは柔らかくてジューシーです。

手に持ってガブリといくザ・鶏の骨付きもも肉という感じの味。

子供でも食べやすく、初めてならこれを選べば間違いありません。

 

通好みのおやどり

おやどりは、イメージできる通り少し固いです。

焼き上がった後、お店の人が包丁で切り目を入れて食べやすくして持ってきてくれます。

噛み心地は少し固い、というか全体にしっかりした食感ですが、ひなどりのあっさりした味に比べて旨味がより感じられる気がします。

なので私はおやどりの方が好きです。

 

テーブルにはナイフはありません。

紙ナプキンを骨に巻いて手掴みでガブリとかぶりつきます。

スパイスの香りとバリッとした皮の食感、ジューシーな肉汁が渾然一体となって、この上ない幸せを味わえます。

おやどり、ひなどり、どちらを注文してもキャベツがついてきます。

これを鶏の脂に浸しながら食べると口直しになって更に美味しさ倍増です。

 

骨付鳥は出てくるまで少し時間がかかるので、最初にとりハムや枝豆、サラダなどを注文して、つまみながら待つのがいいですね。

 

とりめしも忘れずに

〆に絶対注文したいのがとりめしです。

これは↑の写真にあるように、鶏の炊き込みご飯に錦糸卵がのったもの。

お椀でスープも付いてきますが、個人的にはこれをとりめしにぶっかけるのが好きです。

鹿児島に行くと食べられる鶏飯みたいな感じでサラサラといただけて最高です。

 

骨付鳥の食べられるお店

高松は、居酒屋さんでも骨付鳥がメニューにあるところが多いです。

でもせっかく行くなら有名店で食べたいですよね。

骨付鳥で有名なお店をご紹介します。

 

一鶴

骨付鳥という料理を考案したお店。

この記事でレポしたのは一鶴です。

www.ikkaku.co.jp

 

蘭丸

一鶴と並ぶ人気店、こちらもいつも行列ができています。

www.lion-douri-shoutengai.com

 

寄鳥味鳥

こちらも骨付鳥メインのお店です。

tabelog.com

 

まとめ

讃岐うどん旅、最初の記事は骨付鳥について熱く語ってしまいました(笑)。

でも骨付鳥って本当に美味しいです。

次回、香川県に行くときも絶対また骨付鳥を食べに行きます!

それくらい気に入ってます。

もし観光や出張で高松に行くことがあったら、讃岐うどんだけでなく骨付鳥もぜひチェックしてみてくださいね。 

ギトギトだね

それがビールと相性よくて美味しいのよ

香川 讃岐うどん旅 別の記事はこちらから。