さくさくの日常

美容、健康、美味しいもの、ヨガ、etc…東京在住アラフィフ主婦さくさくの日々の出来事を記録しています

【香川 讃岐うどん旅4】日の出製麺所~香川県坂出市

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは、さくさくです。

 昨年末の讃岐うどん旅の続きです。

【香川 讃岐うどん旅1】あんもち雑煮

【香川 讃岐うどん旅2】骨付鳥一鶴

【香川 讃岐うどん旅3】谷川米穀店

 山深い谷川米穀店で切りたて茹でたてのうどんを満喫したら、次は瀬戸大橋のたもと坂出へ!

ここにも営業時間1時間のみというレアなうどん屋さん日の出製麺所があります。

f:id:sakusaku-happy:20190129183447j:image

 谷川米穀店のあるまんのう町から坂出市までは車で40分ほどです。

道のり途中からはほぼ平坦で、絵に描いたような山がぽつりぽつりとある感じ。

香川県の平地にある山はどれもなだらかできれいです。 


f:id:sakusaku-happy:20181229125232j:image

この日2番めの目的地、日の出製麺所に着きました。

日の出製麺所は名前の通り元々は製麺業のみやっていたのですが「店頭で食べさせてほしい」というお客さんを断りきれなくて、営業時間が11時30分から12時30分の1時間のみやっているそうです。

製麺所だけあって麺はたくさんあるので、売り切れ御免にはなりません。

12時半までに並びさえすれば大丈夫です。

※持ち帰り用のうどんの販売は9時から17時(土・日・祝日16時まで)までやってます。

 

写真を撮影したのは11:38ですが既に行列が…しかし年末(12月29日)だけあって、この日の列は短いです。

数年前のGWに来た時は、隣の広い駐車場にもずらりと人が並んでいました。

人気店だけあって駐車場はたくさんあるし誘導してくれる警備員さんもいます。

そしてお店の人も慣れていて待っている間の仕切りがいいです。

 

ここはお店に入る時に注文するシステムです。

行列ができている時は、並んでいる間にお店の人が注文を取りに来てくれます。

メニューは4種類。

あつい つめたい ぬるい 釜玉

これと

小(1玉)、中(1.5玉)、大(2玉)

の量を組み合わせて注文します。

3玉とか4玉も注文できますが、よそから食べに来た人は大抵何軒もはしごするので、あまりいっぱい食べる人は見たことありません。

私は谷川米穀店で2玉食べた後なのでぬるいの小にしました。

 

香川県うどん屋さんではあつい つめたいはよくありますがぬるいはあまりないです。

茹でたてのうどんを短時間さっと水で締めたのがぬるいですが、前回来た時に注文してこの食感が好みだったので今回もぬるいにしました。


f:id:sakusaku-happy:20181229125218j:image

順番が来て店内に入ると、テーブルはこんな感じ。

味付けはテーブルでセルフでやるので、だしと薬味が各テーブルにセットされています。

青ねぎとハサミに注目(笑)

ねぎは長いまま、ばらけないようラップで包んでくれています。

こんなにたくさん用意してくれてお店の人の温かい気持ちが伝わってきますね。


f:id:sakusaku-happy:20181229125223j:image

注文したうどんが来ました。

こうやって自分でネギをチョキチョキします。

これは家人の注文した釜玉の小です。


f:id:sakusaku-happy:20181229125228j:image

うどんの下に卵が見えます。

ねぎとすりごまもかけて美味しそうですね。


f:id:sakusaku-happy:20181229125214j:image

 私が注文したぬるいは浅いお皿で来ます。

日の出製麺所のうどんってぬるいとつめたいは麺の流れが整えられていて盛り付けもすごく綺麗です。

ねぎとすりごま、天かすにぶっかけだしでいただきました。

2人分合わせて260円は神価格!

 

お店には持ち帰り用のうどんもあります。

店頭で食べたもの以外にも全粒粉のうどんとかいろいろあって楽しいです。

近くには東山魁夷せとうち美術館や瀬戸大橋記念公園もあって家族で遊べますよ~。

www.hinode.net