さくさくの日常

健康オタクが乳がんで乳房全摘しました 現在は治療終了 それでも元気でいたいから健康ネタと楽しいこといろいろ

【術後3日目 初の洗髪】乳がん手術7~入院から術後、退院後の体調経過報告

あとで読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは、さくさくです。

乳房全摘と自家組織再建の手術を受けました。

術後1日目はベッドに寝たきり、術後2日目に歩行器を使って立ち上がり歩くことができるようになりました。

今回は術後3日目に初めて髪を洗った話です。

病棟に自分で髪を洗えるシャンプー台がありました

病棟に自分で髪を洗えるシャンプー台がありました

さとう310さんによる写真ACからの写真

初めてお越しくださった方へ~こんな手術を受けました。

乳房全摘と自家組織再建 どんな手術だったか詳しくはこちら

 

前記事はこちらから。

乳がん手術(乳房全摘と再建)体験記その1【手術前日編】

乳がん手術(乳房全摘と再建)体験記その2【手術当日:開始まで】

乳がん手術(乳房全摘と再建)体験記その3【手術当日:終了後】

乳がん手術(乳房全摘と再建)体験記その4【術後せん妄の恐怖】

乳がん手術(乳房全摘と再建)体験記その5【術後1日目 胸見てビックリ】

乳がん手術(乳房全摘と再建)体験記その6【術後2日目 まさかの歩行器】

術後3日目の朝

いつものように朝6時に室内灯が点灯します。

目覚めとともに自分で立ち上がってトイレに行ける気分のよさ。

と言いたいところですが。

 

立ち上がるのが大変

電動ベッドの上半身を起こす

  ↓
ベッドの柵を掴んで体を90度回転させる

  ↓
足を床に下ろして靴を履く

  ↓
歩行器を引き寄せる

  ↓
ベッドの枠を掴んで立ち上がる

お腹に力が入らないので、ベッドを起こした後の段階すべてが大変でした😭

 

トイレも大変

トイレの個室は4人部屋の病室内にあるので近いです。

そして病院のトイレなので、歩行器で入れます。

これでトイレに入るとスペースぎりぎり

これでトイレに入るとスペースぎりぎり

しかし広さがギリギリなので、歩行器ごと入った後

を掛ける

(振り返るのに体をひねるのと鍵の位置が低いのでキツい)

  ↓

歩行器と体の向きを変える

  ↓

下着を下ろす

  ↓

便座に座る

 

普段何気なくやっていることがこんなに大変なのかとガックリするくらい大変でした。

やはり体幹を使えないというのはあらゆる動作をする上で労力が大きくなります。

ただ、立ち上がるのもトイレの動作も術後1週間程度でスムーズにできるようになったので人間の回復力と慣れって凄いと思います。

 

手術後の清潔

手術後は入浴もシャワー浴も禁止です。

感染を防ぐためには大切なことなので仕方ないです。

ただ私は軽い発熱があったので背中がグッショリするほど汗をかきました。

手術翌日、術後2日目と看護師さんに体を拭いてもらいましたが、頭髪もだんだん脂っぽくなってきます。

術後3日目はシャワーの許可は出ませんでしたが、看護師さんが「髪を洗いましょう」と言ってくれました。

 

手術後はじめての洗髪

病棟の中に清拭室といった部屋があり、シャンプー台が1台ありました。

その前にはパイプ椅子が置いてあり、昼間空いている時には自由に使っていいことになっています。 

こういうパイプ椅子が1脚

こういうパイプ椅子が1脚

原ヘッタリーナさんによる写真ACからの写真

看護師さんが「今日は初めてなので私が洗います」と言ってくれました。

私は、なすがまま状態でいいらしいです。

お腹に力は入らないし、手術した側の左腕は全然上がらないし、内心「これ自分で頭洗うの無理」と思っていたのでホッとしました。

 

座っているだけでもきつい

パイプ椅子に座ってシャンプー台に頭を突っ込んだ状態で、看護師さんが髪を洗ってくれました。

私はシャンプー台に手をついて体を支えているだけなのですが、前傾姿勢なのでこれがキツい。

1~2分で終わることではないので、洗ってもらっている間中、体を支えているのが大変でした。

洗い終わった後「次からは頑張って自分でやってくださいね」と言われて暗い気持ちになりました。

 

病院内に美容院がある

私が入院した病院には最上階に理容室と美容室がありました。

通常のカットやカラー、シャンプー、ブローといったメニューの他に、がん専門病院なのでウィッグの販売や調整などもやっていたようです。

最初は「入院している間、美容院で髪を洗ってもらえばいいや」と思ってました。

しかし…

 

洗髪も大切なリハビリ

よく考えると、退院して家に帰ったら自分で髪を洗わねばなりません。

「これは自分でできるようになっておかねば」

「次回はちゃんと自分で洗おう」

と思いました。

 

 後から考えると「そんなに力を入れなくて、病院の美容室で洗ってもらえばよかったのにw」と自分に対して思います。

まぁこの時は早く元の生活に戻れるよう必死だったんでしょうね。

 

レストランでケーキセットを注文

看護師さんに頭を洗ってもらって、午後に家人が面会に来てくれました。

髪はさっぱりしたし、歩行器を使ってだけど歩けるようになったので病院の最上階にあるレストランに行ってみました。

まだ入院はしているけれど食事の制限はありません。

手術後初めてケーキを食べてコーヒーを飲みました。

朝昼晩の食事とは違う喜びを感じました。

 

病院間違いに注意

この日は土曜日だったので、仲のいい友人もお見舞いに来てくれる予定でした。

しかし、なかなか来ない。

ようやく来てくれた彼女曰く「よく似た名前の、もう一つのがん専門病院に行った」そうです。

正確な病院名と病棟、病室をきちんと伝えていなかったようで反省しました。

万が一また入院することがあって誰かお見舞いに来てくれる時には

・病院の正式名称

・アクセス

・病棟・病室

をきちんと知らせるべきだと学びました。

 

術後の痛みについて

確かこの日あたりで硬膜外麻酔を外してもらいました。

術後の痛み止めはロキソニンを飲むだけになりました。

私は割と痛みに弱いタイプですが、手術の傷の痛みに関しては全く苦痛を感じませんでした。

体を捻ったり、咳やくしゃみをするとお腹が痛い、最後まで腹筋の痛みのほうが大変でした。

現代の疼痛コントロールって、本当にすごいと思います。

 

まとめ

術後3日目、まだまだお腹を庇って真っ直ぐ立つことはできないし、歩行器を使ってゆっくりとソロソロ歩くだけですが少しずつできることが増えてきました。

髪を洗ってもらっている間、看護師さんも中途半端な姿勢で大変だったと思います。

それでも丁寧に洗ってくれて、とても有り難かったです。

入院中毎日感じたのは、看護師さん達がいつもニコニコしていてとても親切なこと。

「この方達に日本の医療は支えられているのだな」白衣の天使であることを、ひしひしと感じました。

頭洗ってもらって、さっぱりしてよかったね

入院中快適だったのは看護師さんのおかげ とっても感謝してるよ

 

こんな手術を受けました。

www.3939life.com

前記事はこちらから。

www.3939life.com

www.3939life.com

www.3939life.com

www.3939life.com

www.3939life.com

www.3939life.com