さくさくの日常

美容、健康、美味しいもの、ヨガ、etc…東京在住アラフィフ主婦さくさくの日々の出来事を記録しています

ふるさと納税返礼品届きました〜 石川県穴水町のかぶら寿し

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎年12月になると熱くなるのがふるさと納税

 

サラリーマンだと源泉徴収票もらって年収も確定するし

期間も残り少なくなるから枠を無駄にしないよう必死です。

 

今年は総務省の野暮な通達により10月末に

返礼品を見直す自治体が多かったので

そのタイミングでがっつり納税しました。

 

で、今日届いたのがこれ!

 

f:id:sakusaku-happy:20181208210755j:image

 

 石川県穴水町かぶら寿しです。

中はこんな感じ。

 

f:id:sakusaku-happy:20181208210805j:image

 

 中の紙に「洗わず6つにカットして食べろ」と

書いてあったのでその通りにしてみました。 

 

f:id:sakusaku-happy:20181208210828j:image

 

 皿の中心からズレてますね(汗)

 

私は北陸出身ではないのですが

かぶら寿しが大好き。

 

結婚して初めて買った料理本に…

 

f:id:sakusaku-happy:20181208210838j:image

 

まさかのかぶら寿しw

 

築地に出かけて聖護院かぶらとブリを買うところから

始まっていて、当時新米主婦の私は「ハァ!?」

  

f:id:sakusaku-happy:20181208210857j:image

  

しかも桶でかぶを塩漬けにするとか

丸ごとのぶりをさばくとかあって

そんなも無理ですから~!!

 

f:id:sakusaku-happy:20181208210902j:image

 

ぶりをさばいて、塩漬けしたかぶにはさんで

麹と漬け込むところまで詳細に説明されてます。

 

で、かぶら寿しというものにすごく興味が湧いたのですが

当時はネット通販もお取り寄せもありませんでした。

 

その後数年して、私が初めてかぶら寿しを食べたのは

デパートの催事場の「金沢展」みたいな催事だったと思います。

 

「これは、あの料理本に載っていたかぶら寿し!

やっと実食する機会が来た!!」

と見つけて即買いしました。

 

かぶのさっぱりとした風味と

塩漬けにされたブリの旨味

そして麹ご飯で発酵したまろやかさが混じり合って

ものすごく美味しかったです。

 

ただ、かぶら寿しってご当地加賀地方でも

贈答品に使われるもので高級品らしく

市販されているものはなかなかいいお値段です。

 

そんな中、ふるさと納税の返礼品に見つけて即ポチッ!

 

加賀地方の一般的なかぶら寿しが

塩漬けしたかぶにブリをはさむのに対して

今回いただいた穴水町のかぶら寿しは

サバを使っているそうです。

 

こちらも脂の乗りすぎずしっかりした旨味のサバが

かぶらと一体になって素晴らしいお味でした。

 

こういう地方の特産品がいただけるのも

ふるさと納税のよいところだと思います。

総務省の通達で規模縮小なんてことにならずに

ずっと続いてほしいと思います。