さくさくの日常

健康オタクが乳がんで乳房全摘しました 現在は治療終了 それでも元気でいたいから健康ネタと楽しいこといろいろ

とらふぐ?とらふく?【ふるさと納税】山口市のとらふくフルコースセット&ふるさと納税のすすめ

あとで読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは、さくさくです。

ふるさと納税やってますか?

私はやってます。大好きです。返礼品選ぶのも受け取るのもめちゃくちゃ楽しいです。

f:id:sakusaku-happy:20190130150005j:image

これは山口市から返礼品でいただいたとらふくフルコースセットです(2018年10月時点で寄付金額3万円→現在寄付金額5万円)。

高級品でなかなか手が出ないふぐ刺しの材料となるとらふぐ、一般的には「とらふぐ」って濁りますが、下関とか山口県周辺では「とらふく」って言うことが多いみたいです。

なので私が選んだ返礼品の商品名も「とらふくフルコースセット」になっていました。

 

セットの中身は以下の通りです。

とらふく刺身120g、とらふく切り身、とらふくあら300g、とらふく皮、すき身湯引き100g、安岡ねぎ1束、ポン酢170ml、とらふぐひれ6枚、もみじおろし

ポン酢も薬味も揃って、野菜と豆腐を用意すれば完璧です。

f:id:sakusaku-happy:20190130150009j:image

親切に、美味しいとらふくの召し上がり方という説明書もついてました。

とらふぐなんて高級食材そうそう食べることないから、料亭で仲居さんが横にいてお世話してくれるならともかく、自宅で用意するとなると、失敗のないようちゃんと食べ方確認しておいたほうがいいですもんね。

食べ慣れないから、ねぎ小口切りにしちゃったら洒落になりません(汗)

ふぐひれも付いていたので、説明書を見ながらふくひれ酒も作りました。

お腹の底から温まって、ふぐ刺しやふぐちりと最高に合いました。

ふぐちりの〆に雑炊も作ってお腹いっぱい。

とぉ~っても幸せなひと時でした。

 

ふるさと納税は今年の6月頃法改正の予定で、寄付金控除の適用が厳格化される見込みです。

個人的には地元の特産品を返礼品にしているのは大目に見ていただきたいと思うんですけどね~。

仕方ないので今年は前半早めにいろんなところに納税したいと思います。

山口は萩や長門、岩国など見どころも多いし、いい温泉もあります。

最近では角島大橋がよくテレビに取り上げられてますよね。

食べ物も美味しいので、ふるさと納税するのに調べていて旅行に行きたくなりました。

 

私がふるさと納税の話をすると

「うちはパパに任せてるからわからない」

「うちは住宅ローン控除があるからふるさと納税できない」

ってよく言われるんですが、条件によっては住宅ローン控除受けて更にふるさと納税の恩恵受けられる事もあるみたいです。

せっかくの特典ですから、まずは去年の源泉徴収票でシミュレーションしてみてはいかがでしょう?

※年収ってサラリーマンでも手当が付いたり無くなったりで結構総額変わります。
年度途中で限度額いっぱいやるのではなく、上限まで少し余裕を持たせておいて、12月に源泉徴収票もらってから限度額きっちり計算するのがおすすめです。

 

私がいただいた山口市のとらふくフルコースセットはふるさとチョイスから。
ふるさとチョイスは、ふるさと納税上限額を計算するシミュレーションで医療費控除や住宅ローン控除を含めて計算することができます。

www.furusato-tax.jpさとふるもレビューが充実しているので割と使ってます。

www.satofull.jpふるなびは、あまり大きな声では言えませんが(笑)電化製品多いです。
実はこのPCのもふるなびからふるさと納税申し込んでいただきました。

furunavi.jp