さくさくの日常

健康オタクが乳がんで乳房全摘しました 現在は治療終了 それでも元気でいたいから健康ネタと楽しいこといろいろ

東京でうどん県気分になれるおにやんま メニューと入店の3つのお作法を解説

あとで読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは、麺類大好きさくさくです。

麺ってツルッとして口当たりがいいから皆んな好きですよね。

うどん、そば、ラーメン、パスタ、etc…ジャンルによる好き嫌いは多少あっても、麺類全般嫌いという人はいないのではないでしょうか。

私はオールラウンドに麺類は全部好きです。

その中でも西日本育ちなので特にうどんが大好きです。

f:id:sakusaku-happy:20190530193323j:image

マイうどんヒストリー

私が東京で初めてうどんを食べたのは18歳の時。

進学で上京して一人暮らしを始めた時のことでした。

「東京のうどんはつゆが黒いらしい」とは聞いていましたが、実物を見た時にはびっくりしました。

 

「これが東京のうどんか~💦」と思いながらいただきましたが、学生生活を送っていた頃は今ひとつ馴染めませんでした(東京の方スミマセン)。

なのでお金のない時は学食でそばばっかり食べてました。

 

ちなみにそばは関東風のつゆが美味しいと思いますが、うどんは今でも西日本の色の薄いつゆの方が好きです。

 

結婚後、転勤で神戸に住む機会がありました。

神戸から明石海峡大橋を通って3時間ほどでうどん県(香川県)に行くことができます。

小旅行がてら讃岐うどんを食べに行きました。

本場の讃岐うどんは完璧に安くて早くて美味しいです。

これで、すっかり讃岐うどんにはまって、うどん県のうどん屋巡りを何度もやりました。

昨年末は憧れの谷川米穀店(山奥ですぐ売り切れる私的には幻のうどん屋さん)にも行きました。

 

そういう訳で、うどんは香川県で出てくるようなぶっかけが好きです。

温かいうどんだと、いりこだしのつゆが好きです。

 

噂のおにやんま

私がおにやんまを知ったのは、はてなブログのお友達の記事(後述)です。

・お出汁が透き通っている

・お出汁を全部飲み干してしまった

と書いてあるではありませんか。

写真を見ると、私好みの色の薄いつゆのビジュアル。

これはっ!!!期待度大です💕

 

その後おにやんまでググると食レポが出てくる出てくる。

すごい人気店なんですね。

とても行ってみたくなりました。

先日、フットケアを受ける予定で五反田に出かけておにやんまの店舗を確認。

「帰りに絶対寄るぞ」と心に決めました。

 

おにやんま入店のお作法とメニュー

おにやんまに入店する時、気をつけるべきお作法は3つあります。

メニューと合わせて、順にご説明します。

 

先に食券を買う

f:id:sakusaku-happy:20190528004146j:image

おにやんまの店舗向かって左に券売機があります。

必ず並ぶ前に食券を買ってください。

券売機の発券でオーダーを管理しているようで、食券を持ってない場合は並び直しになります。

おにやんまのメニューは一見たくさんあって複雑に見えますが、実はシンプルです。

 

おにやんま冷メニュー

ぶっかけ or おろし 

  f:id:sakusaku-happy:20190530150025p:plain

並盛 or 大盛

  f:id:sakusaku-happy:20190530150025p:plain

トッピングを選ぶ

・とり天&ちくわ天

・とり天

・天ぷら

・特上天ぷら(えび2本、野菜2種類、とり天1つ)

・ヒデコデラックス(肉、きざみきつね、えび1本、とり天1つ、野菜1つ)

・肉

 

おにやんま温メニュー

並盛 or 大盛

  f:id:sakusaku-happy:20190530150025p:plain

トッピングを選ぶ

・とり天&ちくわ天

・とり天

・天ぷら

・特上天ぷら(えび2本、野菜2種類、とり天1つ)

・ヒデコデラックス(肉、きざみきつね、えび1本、とり天1つ、野菜1つ)

・肉

 

おにやんまオプションメニュー

・追加麺0.5玉 60円

・とり天 120円

・ちくわ天 120円

・えび天 120円

・半熟卵天 120円

・きつね 120円

・温泉卵 80円

・ネギ増量 50円

・とろろこんぶ 50円

 

おにやんま季節限定メニュー?

・ねばトロ山菜ぶっかけ 530円(大盛り650円)

・カニカマの天ぷら 120円

 

左右どちらかのドアから入店

おにやんま五反田店 店舗略図

おにやんま五反田店 店舗略図

券売機で食券を買ったら、並びます。

歩道の道路側に目印の看板があります。

殆どの場合、先客が並んでいると思います。

私が行ったのは平日の午後4時でしたが5人待ちでした。

でも、とても仕切りがいいので、すぐ入店できます。

注意するのは、思ったより早く呼ばれるのでスマホに夢中になりすぎないことです。

そしてお店の人から「右から」とか「左から」と言われます。

店内はコの字型のカウンターになっていて、移動がスムーズなように左右2ヶ所の出入り口があります。

二人で行っても、呼ばれた順番でバラバラに入るらしいです(笑)。

 

リュックは下ろして

入口ドアに掲示がありますが、店内が立ち食いでギリギリの広さなのでリュックは下ろしてください。

カウンター下に手荷物を置くカゴがあります。

カゴは大きめなのでトートバッグやビジネスバッグでも大丈夫です。

食券はカウンターに置きます。

お水はセルフで、給水器は奥にあります。

 

おにやんまのとり天&ちくわ天ぶっかけ実食

f:id:sakusaku-happy:20190528004149j:image

お店の人は食券に見向きもしませんが、券売機で購入した時点でオーダーが通っているようです。

あっという間にうどんが出てきます。

この日はとても暑かったので、私は券売機左上のおすすめ冷[並盛]とり天&ちくわ天ぶっかけ 530円を注文しました。

 

シコシコで腰のあるうどんがひんやり冷たくて、つるつると喉に入ります。

とり天とちくわ天もほどよくボリュームがあっていい感じ。

少し油分が入るとグンと旨味が増しますね。

つゆも風味が良くて、うどんにぴったりの味の濃さでした。

東京のど真ん中、五反田駅前の一等地で、立ち食いとはいえ530円(ただのぶっかけなら330円!)でこんな美味しいうどんが食べられるとは驚きです。

 

うどん県のうどん屋さん

うどんを啜っているうちに、うどん県のうどん屋さんを思い出しました。

香川のうどん屋さんって数が多いから店舗も形態も様々です。

中には民家の庭先に作ったうどん小屋みたいなところで営業しているうどん屋さんもあります。

そして、そういうところの方が美味しかったりします。

そっけない感じの接客といい、シンプルなシステムといい、何だかうどん県に来て、うどん小屋で立ち食いしているみたい…そんな錯覚に陥りました。

 

社長は香川の人だった

帰宅して、公式ページはないかとググったところ社長のインタビューを見つけました。

社長は少年時代を香川県で過ごして、進学で上京したそうです。

そしてやはり日常的に食べていたうどんが東京にはなくてショックを受けたと。

すごいのは、それでうどん屋をやりたくて実現したこと。

香川でうどん修行した弟さんと一緒に店を始めたそうです。

きっと社長も少年期に、うどん小屋のような店で美味しいうどんをたくさん食べたのでしょうね。

food-stadium.com

 

おにやんま五反田本店のアクセス

f:id:sakusaku-happy:20190530144357j:image

© OpenStreetMap contributors

おにやんまの場所は五反田駅西口目の前です。

但し、目の前の交差点は信号がなくて横断できません。

50mほど先の交差点まで行って、道路を渡る必要があります。

食べログのレビュー等見ても、常に行列ができているようです。

ただ仕切りがよくて回転が早いので待ち時間は少ないです。

 

店名 おにやんま
住所 東京都品川区西五反田1-6-3
営業時間 月~土曜日 7:00~3:00、日・祝日7:00~24:00
定休日 なし

 

まとめ

私がおにやんまを知ったのはこちらの記事でした。

お蔭で、私の心に刺さるナイスなうどんと出会うことができました。

きらりんさん、ありがとうございます💕

こちらのページでは、他にも美味しそうなお店が紹介されているので、是非覗いてみてくださいね。

www.kirarin-life.com

さくさく、本当にうどん好きだよね

安い・うまい・早いで最高じゃない おにやんまは、また行きたいな✨