さくさくの日常

健康オタクが乳がんで乳房全摘しました 現在は治療終了 それでも元気でいたいから健康ネタと楽しいこといろいろ

寝起きの白湯は体を温め、やる気がみなぎる魔法の1杯~白湯&レモン白湯の作り方とのみ方

あとで読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

こんにちは、さくさくです。 

白湯(さゆ)って飲んでますか?

この数年、温活や腸活が広まって、体を温めることの大切さが知られるようになりました。

SNSを見ても、白湯を飲んでる女子がたくさんいますね。

白湯を飲むメリットや、白湯の作り方、私が長年愛飲しているレモン白湯についてご紹介します。

f:id:sakusaku-happy:20190607231124j:plain

カメラ兄さんさんによる写真ACからの写真

白湯とは

白湯とは、お水を沸騰させただけで、何も混ざっていないお湯のことです。

アーユルベーダ(インド・スリランカ発祥の伝統医学、実践的な生活健康法)では、白湯には体質を決める3つのバランス「水」「火」「風」を整える作用があると考えられています。

 

白湯を飲む一番のメリット

白湯を飲むと、口から入った液体は喉を通り胃腸へと流れていきます。

ゆったりした気分で観察していると、白湯の流れとともに食道や胃の辺りがポカポカするのを感じます。

これがいいのです。

一晩たっぷり睡眠をとった後の体は水分を求めています。

 

白湯で穏やかに体を温めながら、乾燥した胃や腸の表面を潤してあげる。

f:id:sakusaku-happy:20190608201759j:plain

bBearさんによる写真ACからの写真

白湯を飲む時に、お腹の温まり具合に合わせて胃腸の中をゆっくりと白湯が流れていく様子をイメージしてみてください。

 

内側から体が温まることを、よりはっきりと感じられるはずです。

そして自分の体が温まるにしたがって、活力が湧いてきます。

やる気幸福感のような前向きな気持ちも感じられるはずです。

 

私が感じる白湯を飲む一番のメリットは、やる気がみなぎって前向きな気持になれることです。

 

白湯を飲むメリット~他には

もちろん、白湯を飲んで体が温まることで他にもいいことがたくさんあります。

・体を温めて冷え性を改善する

・血の巡りがよくなり肩こりや腰痛を和らげる

・腸が温まり、水分が入ることでお通じがよくなる

・内蔵を温めて、デトックスやむくみ解消が期待できる

・老廃物が排出されることで美肌も期待できる

など、様々な効果が期待できます。

 

私は15年ほど毎朝レモン白湯を飲んでいますが、これらの効果を今でも実感しています。

理由は、旅先で朝一番に白湯が飲めなくなると途端に調子が悪くなるからです。

 

白湯の作り方

白湯というのは水を沸騰させたものですが、考え方によって作り方が違います。

 

アーユルベーダ式(本格的)

アーユルベーダに基づく白湯は、ただ水を火にかけて温めたものではありません。

「水」「火」にかけて「風(沸騰させ対流させる)の要素を加えてバランスを整えるという考え方です。

しっかり対流させることがポイントです。

 

1.鍋ややかんに水を入れて火にかける。

蒸発するので水は多めに

2.沸騰したら、フタをしている場合は外してグラグラと煮立たせる。

3.10~15分煮立たせて、十分に対流させる。

カルキや不純物も蒸発してまろやかなお湯になります

※万が一火にかけていることを忘れると危険なのでタイマーセットすることをおすすめします

4.火を止めてカップに注ぐ。

 

カップに注いだあと、白湯を飲む温度は後述します。

 

続けやすいお手軽方式

上のアーユルベーダ式で、十分に対流させた白湯はまろやかで本当に美味しいです。

しかし毎朝10分以上やかんを火にかけるのは大変ですよね。

寝坊して時間のない時もあります。

そんな時はお手軽にやりましょう。

私は毎日このやり方です。

 

1.鍋ややかんに水を入れて火にかける。

2.沸騰したら、火を止めてカップに注ぐ。

 

これでも十分です。

「時間がないから白湯を飲めない」よりも断然よい選択です。

 

白湯を飲む時の温度

白湯というのは、体を内側から穏やかに温めてくれるものです。

そう考えると沸騰したての熱々では温度が高すぎます。

 

 フーフー吹きながら飲む

温度が高すぎます。もう少し冷ました方がいいです。

 

 ゴクゴク飲む

温度が低すぎます。白湯の体を温める効果が薄れます。

 

 すすりながらゆっくりコクンと飲む

カップを両手で持って、しっかり温かいと感じるくらいの温度が適温です。

 

大切なのは白湯の作り方よりも毎日飲むこと

白湯の作り方を2パターンご紹介しました。

が、正直どっちでもいいです。

もちろんアーユルベーダ式の白湯はまろやかで美味しいのですが、面倒でやらなくなる人も多いです。

10分沸騰させ続けるのが面倒で白湯を飲まないよりは、沸騰した瞬間に火を止めて作った白湯でも飲んだほうが絶対いいです。

ウォーターサーバー使っている方は、サーバーのお湯でも大丈夫です。

 

沸騰したお湯の冷まし方も、本当は自然に冷ました方が美味しいです。

時間がなければカップを3個用意して順に移し替えると適温になります。

それが面倒なら、水を注して適温にしてもいいです。

もっと時間がなければ沸騰させずに水が適温に温まったところで飲んでもいいです。

 

どんな手抜きなやり方でも、飲まないより飲んだほうが絶対いい。

それだけの力が白湯にはあります。

もっと美味しい白湯を飲みたくなったら、その時に手をかければいいのです。

  

レモン白湯

f:id:sakusaku-happy:20190606204506j:plain

次に、私が15年ほど愛飲しているレモン白湯をご紹介します。

 

白湯にレモン1/4~1/8個程度、またはレモン果汁数滴を加えたものがレモン白湯です。

上で書いた白湯の効果に加えて、レモンの栄養成分による効果も期待できます。

 

レモン白湯の効果

レモンにはビタミンCとクエン酸が多く含まれています。

ビタミンCは健康維持や美肌に欠かせない成分、そしてクエン酸は疲労回復に大切な役割を果たしてくれています。

更に嬉しいのは、レモンの酸味で口の中がスッキリとさわやかになることです。

内側から体が温かくなるのを感じながらレモンの風味を楽しむひと時が、私にとっては何より大切な朝のルーティーンです。

 

 

レモン白湯のレモン

レモン白湯に使うレモンについて説明します。

f:id:sakusaku-happy:20190606212049j:plain

 

果汁を絞って白湯に入れるだけなら、スーパーで普通に購入できるレモンでいいと思います。

輪切りにして白湯に入れてビジュアルも楽しみたい、皮も丸ごと食べたい場合は、国産で無農薬栽培のレモンがいいです。

但し国産レモンの収穫時期は秋~春なので、夏は入手が難しいです。

 

私もレモン白湯を飲み始めた初期は「やっぱり国産無農薬栽培のレモンよね」と頑張っていました。

今は肩の力が抜けたので、瓶詰めのストレートレモン果汁を使ってます。

f:id:sakusaku-happy:20181205111319j:image

昔は瓶詰めのレモン果汁といえばポッカレモンw

如何にも「合成しました」的な味がマズーでしたが💦ポッカレモンに有機ストレート果汁がラインナップされるとは、時の流れを感じますね。

ポッカサッポロ ポッカレモン 有機シチリア産ストレート果汁 120ml

ポッカサッポロ ポッカレモン 有機シチリア産ストレート果汁 120ml

 

 

白湯・レモン白湯の注意点

ここまでメリットばかり力説してきた白湯とレモン白湯ですが、気をつけてほしいことが2つあります。

 

飲み過ぎない

「過ぎたるは及ばざるがごとし」と言いますが、白湯も同じです。

体にいいからと言って飲みすぎると、違う部分でバランスが崩れてしまいます。

白湯は一日に2リットルも飲むものではありません。

朝1杯、あるいは水筒に入れて持ち歩いても1日2~3杯くらいでいいのです。

特にレモン白湯は、レモンの酸性胃を刺激します。

また歯の脱灰(酸に触れて歯のエナメル質が溶けること)にもつながるので、レモン白湯は1日1杯を厳守してください。

 

寝起きはうがいをしてから

朝、起きたばかりの口の中にはものすごい数の雑菌がいるそうです。

できれば白湯を飲む前にうがいをして、口の中をきれいにしてから飲んでください。

私は起きたら一番に歯磨きして、それから飲んでます。

www.3939life.com

 

まとめ

白湯とレモン白湯について熱く語ってみました。

毎朝わずかな手間で、やる気がみなぎり体調がよくなる白湯は、私にとっては魔法の一杯です。

ダイエットや冷え性改善の目的だけでなく、毎日をより生き生きと過ごすために、是非朝一杯の白湯を試してみてくださいね。

お読みいただき、ありがとうございました。

白湯って美味しいの?

飲んでると、美味しさがわかってくるよ