さくさくの日常

健康オタクが乳がんで乳房全摘しました 現在は治療終了 それでも元気でいたいから健康ネタと楽しいこといろいろ

大人のバランスチェアとノートパソコンスタンドでPC作業の腰痛が改善できるか試してみた

あとで読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは、さくさくです。

毎日のデスクワークやPC作業、つい座ったままの姿勢で長時間過ごしてしまいがちですよね。

私もダイニングテーブルで長時間PCに向かうので首・肩・腰が痛いです。

これはヤバいと、ノートパソコンスタンドに次いで大人のバランスチェア、バランスシナジーを導入して、腰痛が改善できるか試してみました。

f:id:sakusaku-happy:20190706155827j:image

座りすぎは健康によくない

座るということは、足腰の負担を減らして体のためにはいいように感じます。

適度に座ることは、休息でもあります。

しかし、最近は座りすぎることによる健康リスクが注目されています。

座っているということはふくらはぎや太ももの筋肉をほとんど使わないということです。

 

ふくらはぎを動かさないリスク

ふくらはぎは第二の心臓と言われるところです。

歩いてふくらはぎの筋肉が伸び縮みすることで、下半身に向かった血液を心臓に押し戻すポンプのような働きをしています。

長時間座ったままでふくらはぎを動かさないと、ポンプが止まって血液の循環が悪くなります。

血流が悪くなると血がドロドロになって小さな血栓ができやすくなります。

長時間同じ姿勢で過ごすことで血栓ができ、それが肺の静脈に詰まるのが

エコノミークラス症候群です。

エコノミークラス症候群は飛行機に乗る時だけでなく、列車や車での移動・観劇など、長時間座った姿勢で過ごすことでも起こると考えられています。

長時間座ったままのデスクワークでも、エコノミークラス症候群を起こす可能性があります。

 

太ももを動かさないリスク

太ももには、大腿四頭筋など大きな筋肉があります。

座った状態でこれらの筋肉が働かないと、その分代謝が落ちてしまいます。

長時間座った状態でいることは、糖代謝機能が低下して肥満や糖尿病になりやすいと考えらます。

 

さくさくのPC環境変遷

私はいつもダイニングテーブルでPC作業しています。

f:id:sakusaku-happy:20190706130126j:image

我が家のダイニングセットは、一枚板のテーブルとYチェアです。

Yチェアはゆっくり寛ぐには最高です。

しかし若干前かがみでPC作業すると…首が痛い、肩が痛い、腰が痛い。

最初は我慢していましたが、そのうち首から腰まで背中全体が痛くてどうにも辛くなってきました。

 

最初の対策~PCの目線を上げる

PC作業環境

靴箱でPCの高さを出してみる

以前、記事にしたことがありますが、PCの下にブーツの箱を置いて高さを出してみました。

これだけでも格段に首肩痛が楽になりました。

しかしカサカサ音がするしPCのキーボードが打ちにくい…

www.3939life.com

 

ノートパソコンスタンドを購入

その後、ノートパソコンの高さを変えるにはノートパソコンスタンドというものがあることを知りました。

私が購入したのはBoYataのBST-10という商品です。

このブログにも「BoYata BST-10」で検索して来る方よくいらっしゃいます。

ノートパソコンスタンドを導入した結果はこちら。

f:id:sakusaku-happy:20190706130246j:image

やはりブーツの箱より断然収まりがいいです。

私の使っているPCは大きくて重いのですが、ノートパソコンスタンドはアルミ製でしっかりしているのでグラつきません。

しかも一度角度を決めたら、重いPCを載せても下がりません。

バシッと固定されてノーストレスです。

ただ、PCのキーボードがテーブルより10cm以上高くなって、このまま使うのは無理になりました。

そこで外付けキーボードも買いました。

 

www.3939life.com

ノートパソコンスタンドと同時に購入したキーボードは、テンキー付きで大きくて、ダイニングテーブルの上では存在感がありすぎました。

そこで少し前に、コンパクトで軽量なこのキーボードに買い替えました。

ダイニングチェアはPC作業に不向き

首・肩の痛みについては、ほぼ解決しました。

PCの画面の高さが変わるだけで、首肩の負担も信じられないほど軽くなります。

今ノートパソコン使っていて、首肩の不調に悩んでいる方には、ノートパソコンスタンドをぜひおすすめします。

 

しかし、まだ問題がありました。

ダイニングチェアに長時間前かがみで座っていると、やはり腰が痛い。
そして太もも裏、いすの前縁が当たる部分に非常に圧迫感を感じます。 

日に日に調子が悪くなるので何とかしなければ。

 

そこで思い出したのがバランスチェアです。

姿勢がよくなる学習椅子として定評があります。

しかし最寄りの販売店に見に行ったら、意外と大きくてデスクチェアと同じくらいのスペースが必要です。

これは狭小リビングの我が家にはとても無理…

 

大人のバランスチェア、バランスシナジーを購入 

コンパクトな腰痛改善椅子はないかと調べるうち、バランスチェアの販売元が扱っていて大人のバランスチェアとも言うべきバランスシナジーを見つけました。

バランスシナジーも最寄りの販売店に見に行きました。

スツールと同じくらいのサイズ感でコンパクト、これなら狭い我が家のダイニングスペースにも置けそうです。

不安定な形の台座は、前後にユラユラと揺らすための構造です。

これならいいかもと、思い切って購入してみました。

 

f:id:sakusaku-happy:20190706134306j:image

バランスシナジーを真上から見たところ。

上から見ると、丸いスツールと同じ形状に見えます。
f:id:sakusaku-happy:20190706134302j:image

正面から見ると、ちょっと不思議な形です。
f:id:sakusaku-happy:20190706134256j:image

バランスシナジーを左側から見たところです。

前に向かって少し下がった座面になっているのがわかります。
f:id:sakusaku-happy:20190706134251j:image

バランスシナジーを後ろから見たところです。

後ろから見ると、座面の凹凸がよくわかります。

 

腰痛対策済み現在のPC環境

ノートパソコンスタンドとバランスシナジーを導入した結果、現在のPC環境はこのようになりました。

f:id:sakusaku-happy:20190706130239j:image

撥水加工付きの専用ニットカバーを被せて使っています。

 

バランスシナジーの座り心地

バランスシナジーは、座った時に骨盤が後傾しないのを感じます。

ダイニングチェアなど寛ぐための椅子に比べて、背筋が伸びやすいように思います。

前後にユラユラと揺らしながらのPC作業は意外と快適。

画面を見ている時は、左右に揺れながらの時もあります(入力やクリックしている時に左右揺れは無理)。

1ヶ月ほど使っての感想は、確実に腰痛が改善されました。

 

バランスシナジーは不安定なのがいい

ユラユラ揺れながら座るって、不安定な感じがしますよね。

はい、確かに不安定です。

なので、足を付く位置を頻繁に動かします。

これがいいように思います。

上の写真で床に置いている青いものはヨガブロックです。

バランスシナジーの台座や、床や、ヨガブロック、足を付く位置を常に動かしている感じです。

座りすぎることの弊害を解消するには及びませんが、頻繁に足を動かして少しでも体の負担を減らしたいと思います。

 

まとめ

バランスシナジーを導入したおかげで、PC作業が隨分楽になりました。

私はバランスシナジーを購入してよかったです。

ちなみにYチェアは、食事をする時だけ入れ替えて使ってます。

日本人は世界一座っている時間が長いそうで、最初に書いた、座りすぎることの健康リスクも頭をよぎります。

長時間座っている場合は、1時間に1度トイレ休憩などで席を立つのがいいそうです。

腰痛だけでなく、自分自身の健康のために気をつけたいと思います。 

 

以上、本日は

大人のバランスチェアとノートパソコンスタンドでPC作業の腰痛が改善できるか試してみました

という話題でした。

お読みいただき、ありがとうございます。

椅子ばっかり買ってない?

作業用と寛ぎ用は別なの