さくさくの日常

健康オタクが乳がんで乳房全摘しました 現在は治療終了 それでも元気でいたいから健康ネタと楽しいこといろいろ

ビタミンC(エスターC・ナウフーズC-1000)

あとで読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎朝レモン白湯と一緒に飲むもの。

 ビオチンL-カルニチンと共にビタミンCも摂ってます。

 

f:id:sakusaku-happy:20181217054611j:image

 

写真はどちらもビタミンCのサプリメント。

 

ビタミンCって安いし、正直どのメーカーでも

品質的に大差ない気がするので

アイハーブで適当に買ってます。

 

女性だと、ビタミンCと聞いて

真っ先に思い浮かべるのが美白

という人も多いと思います。

 

これは、ビタミンCが

皮膚のメラニン色素の生成を抑えることで

日焼けを防ぐ作用があるからです。

 

またビタミンCは水溶性ビタミンの一つで

アスコルビン酸ともいわれ

コラーゲンを合成するのに必須です。

 

コラーゲンってイメージとしては

「お肌プリプリの素」って感じがしますよね。

 

しかし骨や腱などの結合タンパク質もコラーゲンなので

ビタミンCが不足してコラーゲンが合成されなくなると

所々の弊害が出てきます。

 

16世紀から18世紀にかけての大航海時代に

船乗りの間で蔓延した壊血病というのも

船の中では新鮮な野菜や果物が摂れないために

 

   ビタミンC不足

      ↓

   コラーゲンが合成されない

      ↓

   血管がもろくなる

      ↓

   出血する

 

こういう段階を踏んで起こっていたようです。

 

壊血病って皮膚や粘膜などの出血以外にも

  • 顔色が悪くなる
  • 貧血
  • 筋肉減少
  • 心臓障害
  • 呼吸困難など

そして、イライラするとかもあるみたいです。

 

末期になると

骨折して治った骨も剥がれるらしいですから

恐ろしいですね。

 

21世紀に暮らす私達が

壊血病になる事はまずないと思いますが

ビタミンCは水溶性なので

保存や調理の方法によっては流出してしまいます。

 

またビタミンCは熱に弱いので

加熱調理で分解してしまいます。

 

選ぶ食材や調理法によっては

ビタミンCが不足してしまうかも…

という事で私はサプリで摂取!

  

厚生労働省が策定した「食事摂取基準(2015年版)」でも

耐容上限量は定められていないので

極端に過剰摂取しなければ大丈夫と考えています。

 

歯や軟骨などを正常に保ってくれて

美白、美肌にしてくれるビタミンC。

ストレスやかぜなどの病気に対する

抵抗力も高めてくれるので上手に付き合いたいですね。

 

写真左 Now Foods, C-1000、250錠

 

写真右 American Health, エスターC、 500 mg、シトラスフラボノイド入り、 225ベジタブレット