さくさくの日常

健康オタクが乳がんで乳房全摘しました 現在は治療終了 それでも元気でいたいから健康ネタと楽しいこといろいろ

大雨でトイレから下水が逆流吹き出した⁉防ぐには?自宅のハザードマップを確認しておこう!

あとで読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは、さくさくです。

昨日は九州北部の大雨で、佐賀県を中心に大きな被害が出ました。

被災された方にお見舞いを申し上げるとともに、早期の復興をお祈りいたします。

その大雨のニュースで、平成30年7月豪雨でヒヤッとしたことを思い出しました。

特に海沿い、川沿いなど低地の戸建住宅やアパート・マンションの1~2階に住む方には知っておいていただきたいと思います。

f:id:sakusaku-happy:20190829192525j:image

浸水ハザードマップを入手

平成30年7月豪雨の時に住んでいた家は、転勤のドタバタで借りたものでした。

当時飼っていた愛犬2匹と一緒に入居できる物件が、1つしかありませんでした。

選択の余地がないので、細かいことを確認せずに戸建住宅を借りました。

無事に引っ越しも終わり、区役所で転入手続きをすると暮らしのガイド等の冊子をもらいます。

持ち帰って確認すると、浸水ハザードマップもありました。

そのハザードマップで自宅の位置を確認すると…

 

浸水想定区域を確認

浸水ハザードマップに表示されるのは、数十年~百年に一度程度の大雨(想定最大規模降雨)で浸水が想定される区域です。

f:id:sakusaku-happy:20190829172028p:plain

福岡市浸水ハザードマップより

自宅の位置はピンク色でした。

浸水深1.0~2.0mの区域です。

「数十年に一度の大雨が降ったら、家が水没する!」これはかなりショックでした。

 

排水口のゴボゴボに注意

当時借りていた家は、海から近い平野にありました。

海抜2~3mくらいです。

生活していて、気になることがありました。

大雨警報が出るような激しい雨が降ると、台所の流し台の排水口からゴボゴボと音がします。

気になって見ていると、排水口のカゴが上下に揺れることもあります。

「もしかして下水が逆流している!?」と心配になりました。

ただ数年生活している間に、排水口のカゴが揺れる以上の、水が溢れてくるようなことはありませんでした。

 

平成30年7月豪雨

そんな中、平成30年7月豪雨が起こりました。

前日からバケツを引っくり返したような強い雨、それが一晩中続きました。

朝になっても、雨脚が弱くなる気配はありません。

 

特別警報が出ていなかったのでスポーツクラブのスタジオレッスンに行ったのですが、帰りは道路が冠水していて車で通り抜けるのにも冷や冷やしました。

マフラーから水が入ってエンジン停止してもおかしくない水深だったので、大雨の日に出かけるのは軽率だったと反省しています。

自宅近くの橋を通ると、川の水がいっぱいで今にも溢れそうでした。

「これは…万が一のこともあるかも」と思って、愛犬の遺骨を2階に移しました。

 

帰宅した頃から、雨の勢いが弱まりました。

その後大雨特別警報が出ましたが、幸い雨の勢いが増すことはなく、無事に一日を過ごすことができました。

f:id:sakusaku-happy:20190829174543j:image

雨脚が弱まって数時間経ったので、晩酌しても大丈夫か水位確認に行った時の写真。

これでも溢れそうだった時より、かなり水位が下がってます。

 

トイレが逆流した!

数日後、お隣さんと会って「大変な雨でしたね」という話になりました。

何と、隣家はトイレが逆流して下水が吹き出したそうです。

「下水管の水圧によっては、我が家でも同じことが起こったかもしれない」そう思うと、ゾッとしました。

以来「低地に住む時には、河川の氾濫だけでなく下水の逆流にも注意しなければ」と思っています。

  

大雨が降ったら

上でも書きましたが、排水口からゴボゴボ音がするということは下水が逆流する可能性があるということです。

 

水のうで逆流防止

トイレから汚水が吹き出してくるなんて、考えただけでイヤですね。

ビニール袋に水を入れた水のうで防ぐことができます。 

f:id:sakusaku-happy:20190829162544p:plain

朝霞市内水(浸水)ハザードマップより

 

トイレ以外に、お風呂場や洗濯機の排水口でも起こるようです。

海抜の低い地域で、戸建や低層階にお住まいの方は気をつけておかれるといいと思います。

 

浸水の被害を軽減するために

大雨で万が一自宅が浸水しそうな時に、やるべき事って浮かびますか?

私はソワソワして、何も出来ませんでした。

新潟県見附市のページに、やるべき事がわかりやすく示されているのでご紹介します。

平時に確認しておくと安心です。

f:id:sakusaku-happy:20190829195807p:plain
f:id:sakusaku-happy:20190829195446p:plain

見附市豪雨災害対応ガイドブックより

 

まとめ

私は3年サイクルくらいで土地勘のない場所に引っ越すので、浸水などをハザードマップで確認するようにしています。

平成30年7月豪雨の後、周りの人と話してみると、ハザードマップを知らない人が多いのに驚きました。

長年同じ場所に住んでいる方が、ハザードマップを意識・確認する機会が少ないのかもしれません。

こちらのページから、自分の地域のハザードマップを確認することができます。 

disaportal.gsi.go.jp

近年はゲリラ豪雨や線状降水帯などで想像を超える大雨が多発しています。

平時、余裕のある時にこそ確認・準備しておくことが大切だと感じました。

 以上、本日は

大雨でトイレから下水が逆流⁉防ぐには?自宅のハザードマップを確認しておこう!

という話題でした。

お読みいただき、ありがとうございます。

大雨の時に川に近づいちゃダメだよ

うん、それ色んな人に注意されて反省してる💧