さくさくの日常

美容、健康、美味しいもの、ヨガ、etc…東京在住アラフィフ主婦さくさくの日々の出来事を記録しています

乳がん手術を受けて思うこと〜術後の経過は人それぞれ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは、さくさくです。

乳がんによる、乳房全摘・自家組織再建手術を受けて術後7日目になりました。

f:id:sakusaku-happy:20190306165403j:image

病室からの景色 築地市場絶賛取壊し中

現在の経過

先週の今頃は麻酔で眠って手術を受けていたと思うと、人間の回復力ってすごい!と思います。

病棟内は自由に歩けるようになって、毎日食事も美味しくいただいてます。

f:id:sakusaku-happy:20190306172201p:image

ドレーンが抜けました

手術後は、切除した部分に溜まるリンパ液を排出するために、ドレーンという管が体に入ります。

私の場合は

・乳房を切除した部分

・乳房再建に使うお腹の脂肪を切り取った部分

の2ヶ所にドレーンが入りました。

ストローより少し細くて柔らかいシリコンのチューブが胸に入って、脇の辺りから体外に出ます。

もう一つはお腹に入って、脇腹から出ます。

体外のチューブの長さは1m程、その先端は子供のお弁当箱くらいのバッグに繋がっています。

ポシェットのように首からさげて、1週間程度は付けっぱなしです。

f:id:sakusaku-happy:20190306171709g:image

出典:乳がん患者サービスステーション TODAY!

時々、看護師さんがチェックして、バッグに溜まったリンパ液(血液が混じるので結構グロ)を捨ててくれます。

私は、昨日(術後6日)の夕方に胸のドレーンが外れて、今朝(術後7日目)にお腹のドレーンが外れました。

お腹のドレーンが外れるのと同時に、胸とお腹の傷を覆っていた透明のテープも外れて、全身シャワー(傷がぬれてもよい)の許可が出ました。

先程、1週間以上ぶりに上半身も洗ってさっぱりしたところです。

 

人によって経過が違う

面白いのは、人によって傷の治る早さが違うのでドレーンの抜ける時期も前後することです。

同室に、私の前日に乳房全摘手術を受けた人がいますが、私の方が先にドレーン抜けてしまいました。

そして退院の打診も、「木曜日に退院どうですか?」と先に私に来ました。

(お腹を切って、日常生活に不安があるので早期退院は断りました)

また、別の全摘患者さんはドレーン付けたまま術後3日目に一時帰宅して、4日目に病院から仕事に行ったそうです。

 

私が入院しているのはがん専門病院で、常に乳房全摘・部分切除した患者さんが10名ほどいます。

毎日、腕を動かすリハビリの時間に他の患者さんと顔を合わせますが、お話していると選んだ術式・術後の経過は「本当に人それぞれ」だと感じます。

 

焦らず自分のペースで

乳がんだけでなく、他のがんや病気、ケガでも、きっと治り方は人それぞれなのでしょうね。

人と比べて焦ることなく、自分のペースでゆっくり日常生活を取り戻していきたいと思います。